夜寝る前の読書で睡眠学習効果!「寝る前の勉強は中途半端にやれ」

夜寝る前の読書で睡眠学習効果!夜の時間の過ごし方はこれで決まり。

夜寝る前の読書で睡眠学習効果!

 

私がこれまで学んだ様々な勉強法、学習法ノウハウの中でも非常に有効だった方法のひとつが、夜の眠りを活用した勉強法です。そして、とても気に入っています。一種の「睡眠学習」と呼ぶこともできるかもしれませんね。

 

過去に資格勉強をしていた際に、もっとも有効な方法は、夜にさらっと問題に目を通して、朝に試験問題をこなす、というのだと知りました。夜寝ている間は、決して無駄な時間ではありません。
参考:「夜、何も考えずインプット→朝アウトプット」のすごい効果(朝1時間勉強法)

 

脳の専門家、築山氏の本でも、この点を学びました。

「寝る前の勉強は中途半端にやれ」

「寝る前に情報を蓄え、アイデアを大ざっぱにでも考えておくと、寝ている間に思考が整理され、翌朝、アイデアがすっきりとまとまっていることがあります。それを書き留めておいて、日中は仕事をし、夜になったらまた情報を蓄え、大ざっぱに考えて寝る。そういう生活を続けていると、よく練られたアイデアを生み出しやすくなると思います。」(P177)

 

「夜の勉強は中途半端にやれ」と言われますが、これは言い換えれば「睡眠中の整理力を生かせ」ということでしょう。(P50)

 

「仕事の課題や取材に対する答えなども寝る前にざっと考えておきますが、必ずしも結論まで出そうとはしません。睡眠中の整理力に期待し、起きてから考えをまとめるようにしています。」(P51)


時間が無いと、夜ふかしてでも、勉強を仕上げたくなりますが、実際には頭に入らないようです。寝てる間に、刺激がなくなったとき、脳は知識を整理して長期の記憶に蓄えていくようです。実際には、睡眠不足は学習を大いに妨げます。だからこそ、フワッとした勉強を寝る前にするのが効果的です。あくまでフワッとです。

 

築山氏も「大雑把に考えておく」「ざっと考えておく」というような表現を使っています。あまり頭を使いすぎると(追い込みすぎると)眠りには逆効果になるます。実際に私もそうでした。極限まで、脳を使いこなしておくと、朝になって脳がグングン働くのではないかと期待したのですが、実際にはその逆、脳が興奮して、なかなか眠れなくなってしまったのです。

 

あくまで、脳のフィルターを一度通す、くらいの気持ちで、サラッと見ておくくらいで良いのです。私は、夜に読書をしますが、あえて自分を追い込まず、サラーっと流し読みできるような、自分が楽しめる読書だけを行います。私の場合の読書は、夜の時間のリラックスもかねています。一日のうちで学んだこととか、得た教訓と、新しく得た知識が融合するように、脳の中に軽くブレンドしていく、みたいなイメージです。

まとめ

睡眠を利用した勉強法のこの知識が、私の夜ルーティーンに役立っています。頭の中を、追い詰めない程度に、ブレンド状態にしておくと、睡眠中に脳が勝手に整理をしておいてくれるわけですね。

 

この素晴らしい能力を使わないのは損ですよね。

「記憶の定着、思考の整理は、起きている間よりも寝ている間のほうが進みやすい」(P48)
「眠っている間に何もできないと考えるのではなく、思考を自動的に整理する時間と考えるわけです。」(P50)

21時以降は、私はインプットの時間としています。なかなか、楽しいです。

 

引用:脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める 築山 節 生活人新書

スポンサードリンク